アロハボートの交流会『ひびきあい』が12月から新スタート

交流会を通じて伝えたい想い

 

早坂亜希子です。

おかげさまで株式会社ALOHA BOAT(アロハボート)の交流会を開催してから、1年7か月が経ちました。

2018年12月からは、新たに『ひびきあい-Hibikiai-』という素敵なイベント名で開催します。 


f:id:acco-chan-president:20181213205017j:image

毎月多くの方に参加していただいていますが、さらにお役に立てるよう努力していきます。

 

「響く」ということばにはさまざまな意味があります。 

『響く』意味(デジタル大辞泉より引用)

1 音・声があたりに広がり伝わる。「大砲の音が―・く」
2 反射して聞こえる。反響する。「こだまが―・く」
3 余韻が長く続く。「鐘の音が―・く」
4 振動が伝わる。「爆発の衝撃がガラス戸に―・く」
5 世間に広く知られる。「名声が世間に―・く」
6 心に通じる。また、感覚に訴える。「忠告も彼には―・かない」「胸に―・く一言」
7 他へ影響が及ぶ。「交通ストが通勤に―・く」「無理をするとからだに―・く」
8 ある意味をもって聞きとれる。「非難がましく―・く」
9 体形や肌着の輪郭が衣服の表面にあらわれる。「体の線が―・く」「アウターに―・かない下着」

 

『ひびきあい』は、【心に響く・胸に響く】という、人の行動や言葉で、人の心が動く場所にしたいという想いで立ち上げました。

 

  こちらの人材ブログでも紹介していますのでご覧ください。

aloha-boat-hr.hatenablog.jp

 

誰かの心に響き、誰かの心を響かせる場所に

わたしは、自分自身の過去や、本当の想い、ビジョンなどは、お酒の席で酔いが回ると熱く語るタイプでした。

 

アルコールが入っていない状態だと、恥ずかしい気持ちや、どう思われるのかという理性が働いていたのです。

 

しかし、人生の大先輩や活躍している経営者など、『いま』を一生懸命に生きている方々に出逢い、その生き様や体験からくる言葉が心に響き、行動や選択を変えて『わたしのいま』があります。

わたしたちは全員何かを表現している『表現者』です。

 

人間は同じ人はいないように、体験も同じものはありません。

 

交流会『ひびきあい』は、20代~40代のさまざな職業の方がお越しくださいます。

 

  • 視野を広げて自分の人生のヒントにしたい
  • 目標をもってチャレンジしている人に刺激を受けたい
  • 頑張るフィールドを変えたい
  • キャリアアップの参考にしたい

 

そして、自分自身の経験がお互いに高めあっていけるように、立場や年齢を越えて、対等にフランクに話せるようなスタイルにしています。

そんな唯一無二の人と人の化学反応によって、誰かにとっての『いま』に繋がる、こころが響き合う時間になれたら幸いです。

 

いつもありがとうございます。