彼氏がほしいのに出会いのチャンスを避ける理由

マッチングしなかったことで心が折れているときに知っておくこと


f:id:acco-chan-president:20190326210643j:image

あっこです。

わたしの友人が初めてマッチングパーティーに参加しました。

結果としては、マッチングしなかったのですが、次回も参加すると思いきや、もう参加しないようです。

心が折れた彼女の発言を聞いてみると、

『●●ちゃんはマッチングしたのに。』

 

自分だけマッチングされなかったことにショックを受けているようです。

 

 

遅かれ早かれ白黒はつくもの。目的と手段を明確にする


f:id:acco-chan-president:20190326210733j:image
マッチングパーティーは、数名気に入った人を指名するので、何となく告白に近い。

合コンが終わったあとに、誰が良かったかの答え合わせを直接やる感覚。

マッチングされたかどうかは気になるもの。

こちらが好意を持って連絡しても、相手の返信が遅かったり、気が乗らなければ、直接断られなくても間接的には「ノー」。

好意がない男性でも、彼女にしたい候補に選ばれると嬉しいですよね。

好かれることって嬉しいことですが、時折、目的と手段を履き違えてしまいがちです。

 

ゴールは彼氏をつくって幸せになること。

 

いつの間にか、気に入られることがゴールになっていませんか

 

どんな出会いだろうと、遅かれ早かれ白黒つくもの。

プロセスに一喜一憂して、本命に出会うチャンスを自分で捨ててしまうのはもったいないです。

マッチングでマッチングされなかったということは、ご縁のある人はいなかったということが分かっただけ。

第一印象が勝負になるマッチングで気をつけること

特にマッチングパーティーは第一印象が勝負になるので、下記は特に注意です。

・見た目
清潔感のある服装・髪型明るい服装や、身だしなみ、丁寧なお化粧を。

・匂い
食事する場はきついのはアウトですが、なんとなくいい香りがする人は好印象だしインパクトが残ります。

 

いつもありがとうございます。