定番カーキを上手に着こなすコツ

パーソナルカラーで好感度アップ


f:id:acco-chan-president:20191013145644j:image

早坂亜希子です。

第一印象は、3〜5秒で決まり、そのイメージが2年継続するといわれています。

好印象の見た目のひとつに服装があります。

 

自分のパーソナルカラーを駆使してファッションやメイクをすることで、清潔感や肌の綺麗さ、艶など本来の自分の魅力を引き出したり、あか抜けて見えます。

 

男性も、スーツやネクタイ、普段着もパーソナルカラーを意識してみると、出逢いから発展する確率も上がるかもしれません。

 

 

おしゃれの定番カーキについて


f:id:acco-chan-president:20191013015739j:image

秋冬のイメージが強かった『カーキ』は、一年中の定番カラーになりましたね。

人によって『カーキ』のイメージが違うように、実際にはさまざまな色があります。

 

実は『カーキ』は似合う人と似合わない人がハッキリしているので意外とコーデが難しい色。

『カーキ(khaki)』はペルシャが語源で『くすんだ茶色』を表す色名の通り、ざっくりしています。

 

khaki

olive

dark olive green

dark khaki

olive drab

ivy gray
 

 

 

 

カーキをパーソナルカラータイプ別に着こなそう


f:id:acco-chan-president:20191013145653j:image

『カーキ』はオータムタイプが得意としている色で、イエローベースのスプリングタイプも合わせやすいです。

 

スプリングタイプ

明るめの黄緑色のカーキを。深みのあるカーキにすると老けてみえる可能性があるので要注意。

 

dark khaki

olive drab

 若緑

 

オータムタイプ

深みのあるカーキに相性の合うキャメルやマスタードテラコッタなどを組み合わせてセンスのあるコーデが可能。

 

olive

 国防色

dark olive green

サマータイプ

ブルーベースのサマータイプは、明るめでグレーがかったカーキ色をチョイスして、くすんだピンクやラベンダーを合わせる。 上品なストールでもOK。

moss gray

 錆青磁(さびせいじ)

 

ウィンタータイプ

同じくブルーベースのウインタータイプは、緑に黒を混ぜたようなダークはカーキ色が合うようです。

黒や白、ネイビーに合わせてスタイリッシュに。

ivy gray

 羊羹色(ようかんいろ)

 

いままで何となく同じだと思ってた『カーキ』も、パーソナルカラーを意識すると違いがわかるようになり、お買い物もより楽しくなりますね。

 

いつもありがとうございます。