幸せになるために「やめたこと」と「やったこと」

「美魔女」もずっとコンプレックスがあった自分の顔と体形

 

f:id:acco-chan-president:20181119000829j:plain

早坂亜希子です。

最近、よく言っていただける「美魔女」。


昔を知っている仕事仲間からも「どんどん若くなっている」と言われて、うれしい限りです。

小学生から顔や体形を気にしており、中学生からはコンプレックスが強くなりました。


おでこが広くて太い眉毛を気にしていたわたしのスタイルは、長めの前髪で眉毛を隠しているものばかりです。

中学から高校にかけては肉づきも良く、本格的なダイエットをするまではパッとしませんでした。

一番太っていたときは、鏡を見ることも、洋服を選ぶこともしたくないぐらいでした。

実は、いまも体重はそれほど変わっていません。

当然ですが、20代の方が肌も弾力があるし、確実に年は重ねているのに、「若返っている」、「幸せオーラがある」と言われています。

 

幸せになるために「やったこと」

f:id:acco-chan-president:20181119001225j:plain


周りにこんな人いませんか?

すごく魅力的なのに「自分なんて」と否定している人。

顔立ちは普通でも、
とってもモテる魅力的な人。

なにが違うのか?

明らかに自分に対する気持ちが違います。

わたし自身も「やってたこと」と「やめたこと」でこころと見た目が大変化しました。

 

1.自分で自分を満たす

他人や環境のせいにして不平不満を言うのではなく、自分が決めたことをやり遂げる。

自分のことを承認できる生き方をしている人は輝いています。

人生や仕事、体つくりの目標を決めて努力をしましょう。

2.いまの自分を受け入れる

どんなに嫌っても、自分の体とは一生付き合っていきます。
一番自分と近くにいて、これからもずっと一緒にタッグを組んでいく自分。

幸せになる許可をしましょう。

3.自分のことが好きになると輝きだす

いまの自分を受け入れつつも、「もっとこうなったら、さらに魅力的になっちゃうから努力してみよう」といろんなことを取り入れていることが楽しいです。

幸せになるために「やめたこと」

 

1.他人との比較をして劣等感を感じる

 比較して凹むなら、時間の無駄。不毛です。

2.失敗したときの罪悪感をやめる

 仕事や恋愛、ダイエット中の失敗を、責め続けていてもだれも得はしません。

リセットして、次の行動をすることで改善しましょう。
波動を悪くします。

3.「自分なんて」と拒否することをやめる

 「可愛いね」、「イケメンだね」と言われたら「えー」ではなく、笑顔で「ありがとう」。


自分を大切にしているから、こころも幸せを感じ、自分磨きをしているなかで、魅力が溢れてくる。

わたしたちが、よりしあわせで健康的な毎日を過ごしますように。


いつもありがとうございます。