みんなで「人間パワースポット」になろう!

パワースポットの定義

f:id:acco-chan-president:20180829152010j:plain

一般的に「パワースポット」と呼ばれる場所は、良い気やパワーがもらえる神聖な場所であることを意味しています。

日常的には、「気が高い、元気になる、気持ちが良い、癒される、願いが叶う場所・空間」として使われていますね。


地理風水では、パワースポットとは「大地のエネルギーが溢れているところ」としています。

江戸時代では別の言い方でパワースポットを意味していたそうです。

弥盛成地(いやしろち)

神聖な場所・清浄な場所・神や仏がやどる所・草木が育つ元気の出る場所

気枯地(けがれち)

植物が育たない土地・元気を吸い取られる薄気味悪い所・汚れ地のこと

パワースポットの種類

  1. 神社・仏閣
  2. 霊山(山岳信仰の対象となった山)
  3. 温泉、湧き水、水蒸気、ガス、溶岩、火山など、地中からの物質が出ているところ。
  4. 電磁場のあるところ
  5. 滝や森林など、マイナスイオンが大量に発生しているところ。
  6. 龍穴(風水でいう大地の気が吹き上がるため繁栄される土地)上にある建物

 

「人間パワースポット」と一緒にいると運気アップ

 

f:id:acco-chan-president:20181119182255j:plain

「人間パワースポット」

一緒にいて「元気になる人、癒される人、ヒントをもらえる人」はいますか?

まさにパワースポットのような人っていますよね。

メンターやパートナー、友人など。

わたしも「人間パワースポット」のおかげで元気になったり癒されたりしてきました。

遠くのパワースポットも良いですが、近くの人間パワースポットも最高です。

 

一番のパワースポットは「自分」になれる生き方を

 

自分を大事にして、全力を尽くしている人そのものが「パワースポット」


「自分を大事にする」とは、失敗しないように、傷つかないように守ることではなく、自分を幸せにする覚悟をして、全力を尽くしていることではないでしょうか。


 自分を大事にしているからこそ溢れ出るパワーって本当に美しいし、夢中にチャレンジしている姿は、一緒にいる自分も燃えてやる気になるし、元気になる。

自分の価値を下げて過小評価したり、
求めているものがあるのに向き不向きのせいにして逃げていたり、
だれかの言いなりになることで安心したり、
他人の目を気にしてチャレンジしない。

それでは、自分の人生がもったいない。

わたしも直面することを避けて安全圏にいたことがありました。

時間は人生の断片です。

自分の人生を全うするためには、「いま」を全力でチャレンジすること。

「人間パワースポット」がどんどん増えていったら、周りが元気になったり癒されたりする人も増えていくから、ハッピーが広がりますね。


これからもひとりでも多くの人がエネルギーに満ち溢れる人生になるようなきっかけやサポートが少しでもできるようチャレンジしていきます。

いつもありがとうございます。