日本橋の名店の天丼「金子半之助」が神田小川町で味わえる

門外不出の『秘伝の江戸前の丼たれ』が絶品江戸前天丼

こんばんは。早坂亜希子です。
まだまだ暑い日がつづきますが、スタミナをつけたい時におススメの逸品を紹介します。


日本橋本店の「金子半之助」。
神田小川町にもお店があり、日本橋より比較的空いているので穴場です。

毎朝築地で仕入れる新鮮な食材と豪快で丁寧な味なのに手頃なお値段なので、一度食べる価値あります。

金子半之助
http://kaneko-hannosuke.com/

店内はとても清潔感があり、店員さんの接客も丁寧です。

f:id:acco-chan-president:20180828210354j:plain天丼メニューは松竹梅の3種類で、写真は松(お味噌汁付き)。

穴子、海老、烏賊、半熟玉子を豪快に盛り付けた、見た目はもちろん食べてもボリューム満点な江戸前天丼。

f:id:acco-chan-president:20180828210636j:plain高温で揚げてるそうで、衣はサクサク。

お皿から思いっきりはみ出ている大きな穴子はふわっふわ、海老はぷりっぷり、こまかく切った烏賊は甘くて、全部美味しい!

そして極めつけの卵は半熟、ノックアウト。
f:id:acco-chan-president:20180828210847j:plain

ビールもあるので、ランチデートや、仕事帰りに立ち寄るのも最高なお店です。
とても粋な食事に出会えたことに感動。

日本橋にある、海鮮丼専門店「つじ半」。
つけ麺店の『めん徳 二代目 つじ田』と『金子半之助』がコラボして出したお店みたいで行ってみたいです。


こころもおなかも大満足。

おいしい時間をありがとう。
いつもありがとうございます。