必見!モテる体になるために間違った知識を捨てよう!

女性は筋トレをしてもムキムキマッチョにならない?

こんにちは。
あっこちゃん社長こと早坂亜希子です。

アメリカのランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の専属モデル(通称:ヴィクシーエンジェルズ)たちのような美ボディにするべく、コアトレーニングの第二回目です。
一回目のトレーニングについて、気になる方はこちらをご覧ください。

「必見!モテる体になるための4つの秘訣」
https://acco-chan-president.hatenablog.jp/entry/2018/08/17/141351

f:id:acco-chan-president:20180902100051j:plain

 前回がレベル1だとすると今回はレベル5だったので、やはりハードでしたがとても充実した疲労感と筋肉の喜びを体感しました。
内容は、腹筋と腹斜筋、下半身中心で、チューブやボールをつかいながらのトレーニングでした。
わたしは左右の筋肉のバランスが悪いようで同じトレーニングでも負荷を感じる大きさが全然違いました。

「あー気持ちい」
「うおー!楽しい」

と一生懸命ポジティブな言葉を発するのがひと苦労でした(笑)。

 一緒にトレーニングした仲間たちがアスリートコースをリクエストしたのですが、わたしはアスリートではなく美ボディをつくりたいのです。
そのことをトレーナーに伝えたところ、アスリートコースでもちゃんと美ボディになるとのことだったのでひと安心。

そして教えてくださったことは、筋肉は「縮める」と「伸ばす」でつくられるということです。
この両方をきちんとつかうことでアスリートにも美ボディにもなるようですね。

 しかも、女性は自重トレーニングをどれだけやっても、ムキムキでマッチョにはならないようです。

 女性はテストステロンという男性ホルモンが少なく、女性ホルモンの働きにより脂肪を溜め込みやすい体であることがひとつの理由です。
女性のボディビルダーがあのような体なのは、365日全エネルギーを集中して、相当ハードなトレーニングや食事の努力をしているからで、わたしのような定期的に体を動かしている人がムキムキマッチョになることは絶対にないみたいです。
くびれたウエストが欲しいけど、筋トレをするとガチムチになると勘違いしていたので、やはりプロに聞くことが大事ですね。

これからどんどん引き締まっていくのが楽しみです。

f:id:acco-chan-president:20180902100801j:plain

お酒のお供には「キャベツ」が胃腸に効果的!

そのあとは、バディシップを組んでいるトレーナーとビールで乾杯です。
とてつもなくビールが破格のお店に行ったので、一気に5杯は飲みました(笑)。

 最近妹から「福山雅治さんも美味しくお酒を飲み続けられるようにキャベツを食べている」と聞いたので、ミーハーなわたしは生キャベツと豚キムチを注文して美味しくいただきました。

キャベツにはファイトケミカルという成分が入っています。
アルコールは肝臓で代謝されると二日酔いの原因とされるアセトアルデヒドになります。
そのアセトアルデヒドを解毒してくれるのがファイトケミカルというわけです。
そして、キャベツは古代ギリシャの時代から胃腸にいいと食べる習慣があったようで、とんかつや串カツには必ず一緒に食べるのも理にかなっていますね。

f:id:acco-chan-president:20180902102131j:plain

仕事の話や人間関係について楽しくかつ真剣に話し、あっという間に時間が経ちました。
仕事の立場が関係なく、垣根なくいろんなコミュニケーションがとれことが幸せです。

 イケメントレーナーと、素敵な仲間たちのおかげで楽しくトレーニングができました。
運動したあとの美味しい食事と健康な体に感謝します。

 

ますますみんなが健康的で幸せになります。
いつもありがとうございます。