五感で楽しむハワイ・ホノルルのローカルフード「ポキ丼」

絶対に味わってほしい「ポキ丼」とは?

アロハ。
早坂亜希子です。

ハワイのローカルフードの代表と言ったら「ポキ丼」です。

ホノルルにはマグロの漁港があったので、新鮮な魚介が豊富で、マグロを漬けにする食文化があるそうです。

生魚はやっぱり日本が一番でしょ、と思っていたわたしは、ハワイのアヒポキを食べて、その新鮮さと美味しさに衝撃を受けました。

数あるアヒポキのなかでも、わたしのナンバーワンを紹介します。


ハワイ語で、アヒ Ahi(まぐろ) ポキ poke(切り身)

 

 

オノ(ono)は小野さんではなく、「美味しい」という意味

 

オノシーフード(Ono Seafood)



f:id:acco-chan-president:20190115200428j:image

ホノルル、クヒオ通り沿いにあるアヒポキのお店で、ローカルにも大人気で朝から並んでいることが当たりまえです。


f:id:acco-chan-president:20190114171705j:image

ライスの種類(白米もしくは玄米)を選び、マグロもしくはタコをメインにしたスパイス(味つけ)を選択できます。

おススメは、スパイシー&しょうゆの2種類の味を楽しめる食べ方です。


f:id:acco-chan-president:20190115200311j:image

しょうゆは、甘口の醤油といろんなスパイスの組み合わせが安定的な美味しさ。

 

スパイシーは、マヨネーズで和えたアメリカンな味と思いきや、想像を絶するコクの深さがあって、このコクは日本では味わえません。

 

tabelog.com

「ただいま」と叫んでしまうほど何度食べても感動します。

そしてこの味を再現したくて仕方ないです。

ぜひご賞味ください。 


いつもありがとうございます。

マハロ。