美容サロンに通うたびにいい女度がアップする方法

美容サロンへ行くときは、ベストな私で行くべし


f:id:acco-chan-president:20190227175530j:image

早坂亜希子です。

美容サロン(美容院やまつエク、ネイルなど)に行くときは、どんな状態で行ってますか?

仕事帰りで、化粧直しをせず疲れた顔をしている状態や、オフで部屋着のような気を抜いた格好で通っていませんか?

それはもったいない。

 

せっかく綺麗になれる場を、もっと有効活用して、通えば通うほどどんどんいい女になりましょう。


 その方法とは、

・化粧してバッチリメイク
・お気に入りの洋服、または勝負服

で行くことをおススメします。

 

だって、美しくなるためにサロンに行っているのに、気を抜いた服装や化粧のままだと、セルフイメージが下がります。

 

セルフイメージ

「自分はこういう人間だ」、「周囲からこういう風に見られている」という自分に対するイメージ。

セルフイメージは、過去の経験や思い込みによってつくられます。

 

つまり、ベストな自分の状態で、さらに綺麗にしてもらうと、美容サロンに行くたびに「また綺麗になった」という経験が増えます。 


気を抜いた状態で、美容サロンに行くのもテンションは上がりますが、鏡を見るたびに、「わたしの顔のここが嫌いだな」と自分を傷つけているのなら、サロンに行くたびに、残念な自分という思い込みが増えます。
 

 

美しくなることに気合を入れるとスタイリストの気合も入る


f:id:acco-chan-president:20190227175548j:image

仮に自分がスタイリストの立場になって考えてみましょう。

全てのお客様を綺麗になるように仕事はするけど、部屋着&すっぴんよりも、これからデートかのような勝負服を着ているお客様の方が気合が入りませんか?

 

『人は、その制服通りの人間になる』

ナポレオン(フランス皇帝)

服装も気を遣い、化粧もバッチリの「美しいわたし」状態で、美容サロンでスタイリングしてもらえば、さらに綺麗な自分になります。

この状態をいつもキープしよう!と美意識も高まりますよね。

ぜひ、美容サロンへいくときの参考にしてくださいね。

 

いつもありがとうございます。