こころの中にある「こどもの部分」を知ることで己を知る

自分のこころの中にいる「こども」の存在って?

f:id:acco-chan-president:20190131092753j:image

早坂亜希子です。

 

こどもを見ていると、大人に警戒して不安になっていることもあれば、無邪気に信頼して遊んでくることもありますよね。

繊細で傷つきやすかったり、自由奔放で純真無垢な一面もあったり。

どんなに大人になっても、自分の中に「内なるこども」がいます。

心理学の専門用語では「インナーチャイルド」といわれているそうです。

 

インナーチャイルド

自分の中に存在しているこどもの部分。

こどものころの体験や記憶によって培ってきた自分の一部。

こどもは非力で未熟だからこそ、親の愛情や安心して生きれるための場所を求めます。

こどもは「愛されている」と感じると安心しこころが平和になります。

反対に、「愛されていない」と感じると生存の危機と感じ、不安になります。

安心して生きるための防衛本能として身につけてきた感情や行動が大人になっても自分の一部になるといわれています。


こどものころの経験やパターンは大人になっても繰り返される

f:id:acco-chan-president:20181208150220j:plain

家庭環境やこどもの頃の経験によってつくられるパターンは、大人になっても繰り返されるといわれています。

こどものころに、生きるために、愛されるために行動していたパターンが繰り返されることにより自分の生き方へなります。

わたしにとっては小さい頃の「あっこちゃん」。

優等生になったのも、親が喜ぶと安心するから。

妹がスネたりグレたのも、親の注目を浴びたかったから。

交代交代で体調を悪くしたのも、心配されたかったから。

小さい頃に傷ついたことや、抑圧していた気持ちや行動は、生きるために、愛されるために頑張ってきたときにつくられたものなんですね。

 

大人のあっこさんと子供のあっこちゃんとの関係


f:id:acco-chan-president:20190131113250j:image

 そんなかわいい「あっこちゃん」が自己防衛するためにやっていた行動パターン。

大人になってからもずっとやっているとどうなるでしょうか。

いい子になったり、注目を引いたり、心配させたり、スネていることを繰り返していても人間関係にトラブルがあったり、じぶんの本当の幸せにブレーキを踏んでしまうことがあるみたいです

しかし、そんな「こども」の自分の存在を知ったときに、「ダメだ」と攻めてしまうと、「あっこちゃん」は余計に怯えて殻に閉じこもってしまいます。

こどもの部分の「あっこちゃん」を理解することで、一緒に手を取り合って仲良くなれたら、おとな「あっこさん」の自分の態度や行動、思いも変化し、よりステージを上げていけるということですね。

本来、愛されていると感じると、安心して自由奔放になるし、人をまっすぐ信じれるようになるこどものように、自分のこころにいる「あっこちゃん」。

みなさんにとっての「こども」は、どのように頑張ってきましたか?

わたしのように「いま」の行動や気持ちと共通していることがあると思います。

不快に感じることや傷つくことなど、こころが不安定な部分があるとしたら、自分のこどもの部分が反応しているかもしれません。

反対にワクワクしていて自分も人もまっすぐ信じているなら、それもこどもの部分が反応しています。

ピンときた人は気づきがあったと思うので、お役にたてたら嬉しいです。
 

いつもありがとうございます。