人生を充実したいなら一日一日を充実させることかが大事

目標がなく、曜日やカレンダーに気分が左右されていた時


f:id:acco-chan-president:20190118015025j:image

早坂亜希子です。

昔、仕事が嫌でしかたがなかった時期がありました。

日曜日の夕方から少し憂鬱になり、月曜日の朝の満員電車の中では気分が悪くなる。

やらなければならない仕事がてんこ盛りで、デスクの書類の山も見たくない。

月曜日から「早く週末にならないかな」と思っていたことも。


そして金曜日になると、土日の休みが嬉しくて「残り1日がんばろう」と自分を励まし、次の日を気にせずに朝まで飲むこともありました。

でも、よくよく考えてみると、人生は時間の断片で、わたしたちは死に向かって生きているんですよね。

月曜日の時点から、早く週末の金曜日になればいいのに、と願っているということは、

早く金曜日になればいいのに=早く時間が過ぎたらいいのに=早く人生が過ぎたらいいのに!?

極端かもしれませんが、近い発想をしている自分にゾッとしました。


それであっという間に1年が経ち、自分の誕生日になると、「1年が早くて嫌だ」と嘆いているとしたら、まさにコントのような過ごし方をしているのではないでしょうか。

 

acco-chan-president.hatenablog.jp



人生の目標を決めてチャレンジしていること自体が幸せと感じるようになった毎日


f:id:acco-chan-president:20190118022137j:image

経済的な豊かさと素敵な時間のつかいかた、そして人間関係においても幸せになりたいと思い、チャレンジするようになってから12年目。

達成するたびに目標は大きくなるし、常にチャレンジし続けているので、尽きることはないです。

そして、チャレンジしていると、いいことばかりではなく、悲しいことや悔しいこともたくさん経験します。

それでも、その経験たちから何を学んでどう生かしていくか?を考えて、再びチャレンジするのは、目標があるからです。

人生の目標を決めてチャレンジするようになってからは、かつてのような、月曜日に憂鬱で金曜日にテンションが上がるような一週間ではなく、曜日が関係なくなりました。


もちろん目標を達成したときの喜びや充実感は最高です。

何よりも、目標に向かっている毎日が充実していることが、人生充実していることにつながるんだよな、と日々感じます。

 

一日を何のために時間をつかうか。

一日を誰とどのように過ごすか。

 

今日も目標に向かって大切に、そしておもいっきりつかいます。

いつもありがとうございます。