お酒の場でNG!先輩がやってはいけない3つこと

お酒を飲んだときに、先輩がやってはいけない3つのルール

f:id:acco-chan-president:20180830085937j:plain
今年ももうすぐ忘年会シーズンです。

仕事の仲間や先輩、後輩との飲み会が多くなる時期です。


みなさんは先輩から誘われたら行きたいと思いますか?


後輩を誘ったら喜ばれますか?

社交辞令ではなく、本気で喜ばれる先輩になりたいですね。

毎年、飲酒によるハラスメントなどニュースで取り上げられています。

飲酒の強要は当然やってはいけません。


当然、強要される人にとっては迷惑な話ですし、お店にも料理にも迷惑な話です。

ハラスメントまではいかなくても、ついついやってしまいがちな先輩あるあるについて
パートナーが教えてくれました。


「お酒を飲んだときにやってはいけない3つのルール」

1.自慢

内容によりますが、ずっとは聞きたくないです。

2.説教

長時間されたら、お酒も食事も美味しくない。

3.昔話

ためになる話だと嬉しいですが。。。

  コミュニケーションにおける大事なポイントは「相手が前進したのか」

f:id:acco-chan-president:20181123021043j:plain


単純に自慢話や説教、昔話がNGというわけではないと思います。

わたしは先輩の過去の話を聞くのも勉強になりますし、説教していただけることも奮起して有難いと感じます。

大事なことは、結果的に相手が「前進」しているのか。


尊敬する経営者の方は、「成果のためなら、なんでもやるし、なんにでもなる」とおっしゃいます。

お酒の場に限らず、これは普段のコミュニケーションにおいて大事なことです。

普段から、なんでも意見しあえる関係になっていることで、お酒の場もより楽しく、刺激になります。

先日は毎月開催している交流会の宴会バージョンをしました。

お酒を飲みながら、毎回参加していただいている方やお知り合いの方、スタッフととても楽しい時間を過ごしました。

f:id:acco-chan-president:20181123092859j:image

飲みすぎには注意しながら、年末まで、問題と向き合いながら、一生懸命がんばりましょう。

 

いつもありがとうございます。