さげまんが元彼に執着する理由~大事なパートナーと出逢うために1~

危険!「特別扱いされたい気持ち」は「執着」や「癒着」のはじまり

 

早坂亜希子です。

女性は好きな男性や友達に特別扱いをされると、とっても嬉しい気持ちになるし優越感を感じたりします。

愛されて特別扱いされるために努力することも、女性の醍醐味ですね。

しかし、この特別扱いされたい気持ちが強くなりすぎると、自分の幸せとはかけ離れた状態になりかねません。


ある友人の先輩で、長い間さげまんスパイラルなのかもしれないと感じる方がいます。

その友人は、好きな男性への執着が強くなり、定期的にその男性と体の関係になっては喧嘩したり、一緒に時間を過ごしては、喧嘩しています。

今回は、その友人にお話しした一部をご紹介します。

※「愛されるあげまんになる秘訣」については、こちらのブログをご覧ください。↓↓↓

acco-chan-president.hatenablog.jp

 

「性格がいい」さげまんがついやっている「ニセの優しさ」とは

f:id:acco-chan-president:20181031175324j:plain

その女性は、好意を持っている男性とよりを戻すこともないし、未来も付き合う可能性はないと話しています。

ただ、なぜか相手のことが気になるし、相手の気持ちをコントロールしてしまいたくなることがあるようです。

これは「特別さ」を握りしめている状態です。

過去の「特別さ」が、目の前にいる相手に執着となってコントロールしようとするエゴが大きくなり、最終的に「癒着」してしまいます。

相手に必要とされるために一番の理解者になろうと優しくしたり、相手に気を遣ってわがままを受け入れたり。

このさげまんの「ニセの優しさ」に居心地の良さを感じた男性は、ますます依存心が出てきます。

仕事に対して士気も上がらず、キャリアアップが遠ざかることも少なくありません。

 

自分を隠すことにつかうエネルギーを手放そう

f:id:acco-chan-president:20181101104456j:plain

「ニセの優しさ」やコントロールをした結果、一瞬の達成感を感じても、そのあとには不安や孤独感、寂しさ、そして罪悪感を感じてしまいます

その友人がいつもなにかを隠しているように見えたのは、この「ニセの優しさ」のせいかもしれません。

自分を隠すことって、相当なエネルギーをつかいます。
罪悪感を隠しているので無理しているようにもみえます。


わたしも過去、パートナーに執着していたときがあります。

もう戻ることはないかもしれないという現実を知りたくない気持ちと、どこかで相手の気持ちも確かめたくて、いろんな方法をつかって依存していていたことがあります。

自分の体験や友人のさげまん談を聞きながら、振り返るきっかけをもらっていることがありがたいです。

続編では、さらに「さげまんとなってしまう原因」についてお話していきます。


たくさんの人がパートナーシップを築いて
ますます大切な人と幸せになりますように。

いつもありがとうございます。