仲良しカップルの「距離感」とは?~なぜうまくいかなくなるのか~

恋愛でも仕事でも「素敵なパートナーシップ」を築きたいあなたへ

f:id:acco-chan-president:20181018151316j:plain

こんにちは。
早坂亜希子です。

「パートナーシップ」は、恋人に限らずビジネスパートナーとの関係でも大切になってきます。

恋愛も仕事でも、お互いが成長し高め合いながら補い合う人間関係は、対等の関係です。

そしていい距離感で刺激しながらも、心地よい人間関係を築いています。

最初は、心地よい距離感で過ごしていても、一緒にいる時間が長くなり、お互いにいいところや気になるところなどいろんな面が見えてきます。

カーペットも遠くから見ると綺麗ですが、近くで見るとホコリやゴミが気になるようになるものです。

それでもいつも対等で、成長しながら高めあっていける関係を築いている人もいれば、最初は尊敬しあい仲良しだったのに、親密になるほど対立したり距離を置いたりしてしまう人もいます。

パートナーシップが崩れてしまう原因はいろいろありますが、

そのひとつに「距離感」と「エネルギーのバランス」があります。

うまくいかなくなる人間関係は、間違った「距離感」からエネルギーのバランスが崩れていく

f:id:acco-chan-president:20181018151509j:plain

わたしは過去に、恋愛や仕事でこんな経験をしてきました。

付き合った当初はお互いに尊重していた関係が、いつのまにか親子のようにお互いに所有欲が強くなり、評価をし、喧嘩をして関係が悪くなってしまう。

ビジネスパートナーとして対等に動き出していたのに、いつのまにか相手から評価を求めるようになったり、上位や下位の関係になってしまい、なんでも言える関係でなくなってしまった。

このようにせっかく親密になっていこうとしても、エネルギーのバランスが崩れてしまってうまくいかなくなるのは残念なことです。

そんなときにいい人間関係を継続するための最高の「距離感のコツ」をご紹介します。
記事はこちら↓↓↓

acco-chan-president.hatenablog.jp

わたしたちが素敵なパートナーシップを築きますように。
ますます前進しています。

いつもありがとうございます。