本当に大事な人と幸せになる7つの秘訣 ~「わたしのもの」という「特別さ」を手放そう~

危険!女性の憧れ「特別扱いされたい気持ち」は、放置すると「執着」や「癒着」へ 

f:id:acco-chan-president:20180920063200j:plain

おはようございます。
あっこちゃん社長こと早坂亜希子です。

女性は好きな男性や友達に特別扱いをされると、とっても嬉しい気持ちになるし優越感も感じたりします。
愛されて特別扱いされるために努力することも、女性の醍醐味ですね。

しかし、この特別扱いされたい気持ちが強くなると、自分の幸せとはかけ離れた状態になりかねません。


わたしの友人に、長い間さげまん(パートナーの運気を下げる人)の女性がいます。

好きな男性への執着が強くなり、定期的にその男性と体の関係になっては喧嘩したり、一緒に行動しては意見の違いに罵倒し合っています。

今回は、不思議な関係を長らく続けているその女性の話から学んだことをお話します。

※「愛されるあげまんになる秘訣」については、こちらのブログをご覧ください。


「性格がいい」さげまんがついしてしまう「ニセの優しさ」とは

その女性は、今はよりを戻すこともないし、未来も付き合う可能性はないことは、受け入れているようです。

ただ、なぜか相手のことが気になるし、相手の気持ちをコントロールしてしまいたくなることがあるようです。

この「特別さ」が強くなりすぎると、相手に「執着」してコントロールしようとするエゴが大きくなり、最終的に「癒着」してしまいます。

言葉だけみても、幸せな状態とはかけ離れているイメージです。


そんなさげまんの強い癒着エネルギーはいろんな形に変化します。

相手に必要とされたい気持ちが、よき理解者になろうと優しくしたり、相手のわがままを受け入れたりと、「特別扱い」されるためになんでもするのです。

わかりやすいさげまんならすぐに距離をおけるのですが、「性格がいい」さげまんが厄介なんです。

一見、パートナーのために行動をしているつもりが、結果的にあまり運が良くない状態がつづきます。

さげまんの「ニセの優しさ」に居心地の良さを感じた男性は、ますます依存心が出てきます。
仕事に対して士気も上がらず、誤ったリーダーシップで仕事仲間とコミュニケーションがうまくいかず、キャリアアップが遠ざかることも少なくありません。

「ニセの優しさ」やコントロールした結果、その人と一緒にいることができた少しの達成感を感じても、その後には不安や孤独感、寂しさ、そして罪悪感を感じてしまいます

友人がいつもなにかを隠しているように見えたのは、この「ニセの優しさ」のせいかもしれません。
自分を隠すことって、相当なエネルギーをつかいます。


わたしも卒業したパートナーに執着していたときがあります。

定期的にデートしたり、お泊りして朝ごはんやお弁当をつくるなど、わたしなりの愛の形でしたが、本当の幸せの状態ではなかったんだと感じています。

f:id:acco-chan-president:20180920063245j:plain

さげまんあるある!「特別さ」が強くなると、幸せをぶち壊す「自滅プロジェクト」が発動

この自滅プロジェクト、実はわたしも参画しようとしていたほどさげまんの時期がありました。もう二度とこのプロジェクトには参画したくありません(笑)。

人は、小さいころのニーズが満たされずに大人になることがあります。
その場合、自分に価値を感じない「無価値感」を強く持つ人がいます。

無価値感が強いと、親密な人に対して「わたしのもの」という「所有したい気持ち」が出ます

男性の友達が女性と飲みに行っても全く気にしないことも、わたしの彼氏が女性と飲みに行くと過剰な嫉妬や心配があるのは、この「特別さ」という「所有したい気持ち」からきます。

f:id:acco-chan-president:20180920063704j:plain

所有したい気持ちによって、「嫉妬」、「心配」、「競争」、「反発」が引き起こされてしまい、しまいには大事な人とのリレーションシップが壊れてしまうことになります。

それは、相手のせいでも現象のせいでもなく、まさに自分の無価値感から引き起こしていることなんです。

わたしのモノ
わたしの彼氏
わたしの旦那
わたしの元カレ
わたしの子供
わたしの友達
わたしの仲間

いま、こころが穏やかではなくなるような現象のなかに、固執している「わたしのなにか」があるかもしれません。
一度、見つめてみることが大切です。

「特別扱いされたいさげまん」を、「輝くあげまん」へ変える7つの方法

f:id:acco-chan-president:20180920065845j:plain

その友人は自分がさげまんとは受け入れ難い様子でした。

さげまんそのものが悪いわけではありませんが、「わたしはあげまんであるべき」、「大切にされるべき」という気持ちからくる抵抗かもしれません。

実際、友人は本来の輝きが半減しているように見えますし、もっと活躍する可能性があるとわたしは感じています。

ここから受け入れて変化をしていくことで、友人も、パートナーも、それぞれが輝いていくと信じています。


特別扱いされたい気持ちの原因は、無価値感です


自己重要感を上げて、自分の運気を上げてパートナーの運気を上げるあげまんになるためには下記の方法があります。

自分はさげまんだと受け入れる
感謝をたくさんする
自分自身(自分の気持ち)を大事にする
本当はどうなりたいかを決める
幸せになると覚悟をする
執着してた自分を許す
手放すことで素敵な出会いがあると信じる

友人の勇気のある告白のおかげで、わたしも含めてより多くの女性が輝くあげまんになるきっかけになると思います。ありがとう。


たくさんの人がパートナーシップをくんで、
ますます大切な人と幸せになりますように。

いつもありがとうございます。