【早坂亜希子式メソッド】いますぐ「好き」と告白したくなる話

男性必見!甘酸っぱい思い出からみる「イケメンの3つの所作」とは  

おはようございます。
あっこちゃん社長こと早坂亜希子です。

f:id:acco-chan-president:20180918195456j:plain

これは少女漫画のような、本当にあったわたしの体験談です。

大学1年生のとき、学校の中庭でランチをしているイケメン集団がいました。
神尾葉子さん原作漫画『花より男子』の登場人物「花の4人組 (Flower four) 」、略してF4(エフ・フォー)のような、華がある御曹司たち。

そのなかでひと際輝いているイケメンに、一目惚れをしたのです。

 

イケメンの所作1:身だしなみへの気遣いとスマートな仕草

f:id:acco-chan-president:20180918233708j:plain

当時のわたしには彼氏がいてダイエットを頑張っていたのですが、憧れの先輩ができてからは、先輩にお近づきになることも目標に加わりました。

その人は同じ学部のひとつ上の先輩だったので、一緒の授業のときはドキドキしながらなるべく近い席に座るようにしたり、ランチのときは遠くから眺めていたり。
学校に行くのが楽しみで仕方がなかったです。

先輩たちの周りに群がる女性は華やかでお金持ちそうでとても綺麗な方が多く、当時のわたしは自分とくらべて劣等感を感じ、ショックな気持ちでした。
同時にやっぱり類は友を呼ぶから、綺麗になってあのなかに行くんだと自分を励ましたものです。

イケメンの所作その1.
近くで見ると清潔感のあるファッション
遠くからみても伝わる品格とスマートな仕草


イケメンの所作2:リアクションのよさと分け隔てない優しさ

数ヶ月しているうちに、先輩とよく目があうようになってきたのを感じ、いつも一緒に過ごしていたまーちゃんにそのことを報告しました。
すると、わたしがずっと先輩を凝視しているので目が合っているように見えたことが判明(笑)。

自分の自意識過剰さに軽くショックを受けましたが、屈せずに先輩を見つけては興奮して追いかけていました(こわいですね笑)。

先輩を見つけてから1年近くが経ち、あまりにも好きな気持ちが収まらなかったので、思い切って友達になってもらおうと連絡先を交換することを決意しました。

決意してからもどうやって声をかけていいか分からず作戦会議を重ねた結果、電話番号とアドレスを書いた紙を渡すことに。

「N先輩!同じ学部の後輩です。友達になってください!」といきなり渡したときは、心臓が破裂しそうに緊張しました。

先輩は少し驚きながらも、「あ、教室で会うよね。僕は●●です。何て呼んだらいいかな?」と名前を伝えてくれました。

そしてなんとその瞬間、わたしの番号にすぐ電話をしてくれるじゃないですか!

「これが俺の番号だよ。あっこ、よろしくね。」

もう完全にロックオンです(笑)。

イケメンの所作2.
電話番号を渡したら、その場でかけてくれるほどのリアクションのスピード
誰にでも同じ笑顔と分け隔てない優しい態度


連絡先を交換してからは、学校で会ったら挨拶が堂々とできるようになりました。

先輩の取り巻きの女性たちの、「何あの子?」と言われているかのような厳しい眼差しや、上から下まで嘗め回される目線にも耐えつつ、先輩との距離を近づけていったのでした。

そんなあるとき、新しいサークルを立ち上げようと思い立ちました。
必要な提出書類を作成し、教授に顧問をお願いをし、残りは「サークル所属人数が20名以上」。

そこで友達に声をかけていたところ、中庭で優雅に友達と集まっている先輩がいるじゃないですか。

勇気を振り絞って事情を話したところ、先輩がみんなに声をかけて協力してくれることになりました。学園のF4全員がわたしのサークルメンバーに!

みんなイケメンでイケメンタル過ぎて感動しました。
そのついでにみんなで写真や先輩とのツーショットも撮ったのですが、わたし以上に親友のまーちゃんが泣きながら喜んでくれました。

 

イケメンの所作3:感謝の気持ちを言葉で伝える誠実さと目標をもってチャレンジする向上心

それからメールのやり取りだけでなく飲み会にも連れて行ってくれたり、電話も定期的にするようになっていったのです。

どんどん距離が近くなることが、本当に嬉しくて楽しかったのですが、先輩はわたしを妹のような存在としか思ってないんだと感じることも多く、胸が痛かったです。

あるとき一大決心をして
電話で「好きです」と告白しました。

想像どおり、返事はNO。
結婚を前提に付き合っている彼女がいること、わたしは可愛い妹のような存在で感謝していると言われました。


彼女がいることは知っていたし、本気で付き合えるとは思っていませんでした。
 

だ、遠くから見ていただけの憧れの先輩から、ここまで仲良くしてくれて毎日幸せですという感謝と、とにかく伝えたかった「好き」という本当の気持ちを、笑い泣きをしながら話したことは今でも覚えています。

先輩は卒業して大手企業に勤めてからは連絡しておらず、卒業して7年ほど後に一度電話して近況報告を聞いたぐらいなのですが、学生時代と変わらず目標を持ってチャレンジされているようでした。

イケメンの所作その3.
告白をされてたとき、ちゃん断る潔さに加えて相手への感謝の気持ちを伝える誠実さ
どんな時でも目標を持ってチャレンジしている向上心


「感謝や本当の自分の気持ち」を素直に伝えよう

f:id:acco-chan-president:20180918234430j:plain

花より男子」を見るたびに、先輩のことを思い出します。

男性は、ルックスだけじゃなくて所作からもイケメンが滲み出るんだと教えてくれた先輩。

わたしにたくさんの勇気と、人を好きになることの楽しさを教えてくれました。
 

「告白してダメだったらどうしよう」という不安よりも、「好きな気持ちを伝えたい」という感謝や愛を伝えたくなる気持ちを教えてくれました。

そして、女性としても外見、内面の両方を磨こうとやる気にさせてくれた存在に、とても感謝をしています。

こういった経験や、いろんな人との出逢いを通じて、身近な人やパートナーに感謝や「好き」という気持ちを伝えるように心がけています。


想いを伝えたり、告白することはドキドキしますが、想いを伝えたい人がいること自体がミラクルで素敵なことです。

 

ますますみんなが素敵な恋愛をしてさらに幸せになりますように。
いつもありがとうございます。