セルフイメージを手放して自分の本質を輝かせよう!

一生懸命努力しているのに、なぜか幸せを感じないときのこころのクセとは?

おはようございます。
あっこちゃん社長こと早坂亜希子です。

f:id:acco-chan-president:20180913062417j:plain

先日、目標に向かってチャレンジしている仲間たちといて。
目標を達成してステージを上げるたびに幸せを感じているときと、目標を達成しているのに自信がないときがある、という話をしました。

幸せな成功者の大先輩のお話を聞いて、なるほどと思ったことは、「他人にどう思われるかという評価を気にしていると、魅力が半減する」ということです。

自信がないから頑張るということも、一歩踏み出すときのエネルギーになります。

ただ、自分を否定したうえでチャレンジしているので、そのときに掲げた目標を達成しても、自分を否定し続けている限り、誰かの目が気になってしまいます。

他人の目を気にして本当の自分を装ったり、取り繕ったりしていると、いつか自信のない自分がバレるのではないかとドキドキします。
それでは、本来の自分の輝きを発揮することができません。

メンタルも脆い状態なので、なにかうまくいかないことあったときに心が折れてしまうのも、「他人の目を気にする」ことが関係しているのかもしれません。

 

いま役に立たない「わたしはこういう人」を手放す

「わたしって本当に男運が良くないのよね」と言っている女性ほど、本当に男運が良くなかったりします。
「わたしはこういう人」を握りしめていると、ずっと「そういう人」になる現実がつづきます。

自分は足りないから、特別なものを手にしなければならない。
自分が不足しているから、身につけなければならない。
自分は弱いから、強くなる。
自分はダメだから頑張る。
自分は醜いから、綺麗になる。
自分は男運が悪いから、愛される努力をする。

たしかに、小さい時はそれが最善の答えだった「わたしはこういう人」。
昔の経験やショックなことを体験して確立していった「わたしはこういう人」。

過去役に立ったかもしれないその考えが、いまも役に立つとは限りません。


「わたしはモテない」「わたしは話すのが苦手」など、そう言ったほうが傷つかなくて済むし、冒険しなくても済む。そうやって、「マシなこと」を得てきました。

しかし、そっちのほうが自分にとっていいと選んできた「冒険しない」という選択の結果が、自分を過小評価してしまう原因になっているかもしれません。

否定からのスタートでは、ある一定の目的は達成してもすべての根本が否定なので、大きな幸せを感じる力が小さくなっている可能性があります。

他人の前では明るく元気にポジティブにしていても、自分に対して否定的で、傷つけている。そうやって、「本来の自分」と「人前の自分」が乖離していると、自分が何者かわからなくなっていきます。
 

手放すコツは、「自分の人生の脚本を書き換える」

f:id:acco-chan-president:20180913062602j:plain

 幸せな大成功者に
「自分の人生の脚本は、新しく書き換えることができる」と教えていただきました。

その時わたしは、将来のビジョンを実現するために、「わたしはこういう人」をおもいきって自分に役立つ方向に書き換えてみようと決めました。

いままでの過去の体験からつくり上げてきた固定観念を手放すことって、とっても勇気が必要です。

わたしも小さい時から今まで、自分で努力してきたことや学んできたことでうまくいった観念をたくさん握りしめてきました。

だからこそ、思い通りにならないと「こんなはずではない」「自分(のやってきたこと)は正しいはず」と、正しさを自分や人に突きつけてしまっていたのだと思います。


手放すコツは、まず「受け入れる」こと

人のメッセージや目の前の現象からの教えに耳を澄まし、自分の心の声も聞いて、受け取る。思い通りにならない現実を受け入れて、向き合い、「これが自分自身を傷つけている正しさなのかもしれない」と、気づくこと。

そして、どんな「わたしはこういう人」だと自分は幸せなのか、を描くこと。

自分の人生の脚本は、どれだけ自由に描いてもいいんです。
たくさんの幸せを、受け取っていい。
人に、自分自身に、感謝をたくさんする人生を生きていい。

自分自身に、脚本を書き換えるGOサインを出すことが大切です。

 

正しさと幸せは反比例する

f:id:acco-chan-president:20180913143406j:plain

自分にこうあるべきと突きつけていることは、他人にも求めてしまいます。
自分の「正しさ」があればあるほど、正しいことを証明するために他人の間違えを探そうとしているんですよね。

自分ができていないことで自分を攻撃している人は、他人を攻撃してしまいます。
そんな状態では、幸せを感じるどころか、一緒に幸せになりたい大事な人までも失いかねません。


「2018年はデトックスの年です。不必要なものはどんどん手放していいんですよ。自分の固定観念や正しさもデトックスしましょう」

今年に入ってから、まこちゃんにそうアドバイスいただいたことともリンクしました。

もっと自分を大事にしていこう。
自分と一生お付き合いするのは、自分しかいないから。

自分は努力したら、より豊かな人生を送れます。
自分はたくさんの人から愛される人です。
自分はもっと幸せになります。

ますますみんなが幸せになりますように。
いつもありがとうございます。