「優等生」のクセは大人になってもやっていたことに気づいた時にやったこと

優等生だったあっこちゃん

こんにちは。

株式会社ALOHA BOAT(アロハボート)の早坂亜希子です。

わたしが小学生のころは、ドッジボールが大好きな活発な部分と、人前で発表すると赤面する恥ずかしがりやな女の子。

 

そして優等生でした。

両親が共働きでお店を切り盛りしていたので、ふたりの頑張っている姿に、なにか役に立ちたい気持ちでいっぱいでした。

そんなわたしは、お店の手伝いと妹の面倒を見ながらの勉強も頑張る学校生活は、いま思い出してもわれながらよく頑張っていたなと感心します。

3年生から6年生までは3年B組金八先生のような熱心な先生のご指導のもと、とても充実した学生生活を過ごしていました。

先生がとにかく厳しかったですが、
愛情を感じていたので、先生が担任だったことに感謝しています。

先生の期待に応えたい、頑張ってる両親に喜んでもらいたい気持ちが強かったわたしは、頑張ることで「愛される」と思っていました。


大人になって「いい人」になり、自分の感情よりも相手の感情を優先してしまうクセや犠牲を払ってしまうクセは、このときから身につけていました。

そんな大人びたあっこちゃんも、反発して行動したエピソードがあります。

なぜ?!学校の教室にエビが大量発生した事件

f:id:acco-chan-president:20180809132247j:plain

その日もいつもと変わらない日でした。


全員給食を食べ終わり、椅子と机を教室のうしろに寄せて、掃除当番がのひとりが叫びました。

「あ!!!エビが落ちてる!!!」

床には大量のエビ。

先生を呼び、

 

「誰がこんなことしたんだ?」

と一瞬騒然としましたが、いまだに誰が犯人かはわかっていない迷宮入りの出来事。

はい、
犯人はわたしです。

給食のおばちゃんごめんなさい。

給食は、先生が怖くて残さず食べてたのですが、唯一エビ入りマカロニグラタンだけはなぜか食べるのが苦手でした。

先生が怖くて「おいしくないから食べたくない」とも言えない。

 

厳しい父親に伝わるのが怖いから残せない。


でも本当の気持ちを言葉にするのが苦手だったわたしは、エビを床に落とすことを繰り返したのでした。


きちんと先生に説明し相談したら解決しただろうに、人っていざとなるとどんな行動をするかわかりませんね。

 

 

「家族を助けるための優等生」は社会人になっても影響する

 

家族のなかで、わたしの役割はヒーローでした。
家族が幸せになるために、勉強も部活も頑張っていた「ヒーロー」。

 

いつも愛されるように、認められるために努力をするし、我慢をする。


社会人になり、出世してキャリアップするために一生懸命働いていました。

しかし、認められるために努力できることは限界があります。

 

過剰に頑張りすぎて燃え尽きてしまったり、失敗をするとガッカリしてしまい、長く引きずってしまうこともありました。

 

二度とガッカリしたくないので、失敗しないようにするクセも強いです。

この問題を乗り越えるために、ネガティブなことが連続してありました。

 

そのときに経験したことは、

ひとりで問題を抱えるのをやめて、周りに助けを求めたり頼りにしたことです。

まさに漫画ワンピースのナミがルフィに助けを求めるシーンです(感動して泣けます)。

わたしにとってのエビ事件も、「自分の気持ちをきちんと出しなさい」ってメッセージだったと思いますが、エビを捨てることが精一杯の行動でした。

さいころから自分の素直な気持ちや感情を抑えてきたわたしは、トラブルを通じて教えてくれたこともあります。

 

すべてのことには意味がありますね。

今後、役割やそのパターンによって再現される人間関係、恋愛、パートナーシップについては、人生の先輩から教わっていることや、自分の経験を通じての気づきをお伝えしていきます。

いつもありがとうございます。