なぜか理想の男性から好かれない理由

「いいなと想う男性から好かれない」の理由


f:id:acco-chan-president:20190411205801j:image
早坂亜希子です。

 

かなり酔っぱらったスタッフから深夜にLINEがきました。

「なぜ、わたしがいいなと思った男性から好かれないんですかね?」

明るく元気で愛嬌たっぷりで人柄も素敵な彼女は、男性から告白されることもある。


そんな彼女は、自分が好きになる男性からは対象外となるようで、とっても切実なお悩みのようです。

(このことをブログに書くのは本人の了承済みです。)


「理想の男性から愛されたい」

っていう気持ち、とってもわかります。

 

「理想の男性」のなかにある、自分の本当の気持ち

f:id:acco-chan-president:20181019030200j:plain

そんな彼女に理想の男性は、「好きな顔はleadのボーカル」で「話を聞いてくれる男性」。

どんな関係をつくりたいか質問。
→「お互いに心をゆるす関係がほしい」とのこと。

お互いに心を許す関係が作れたら、どんな気持ちを感じるのか質問。


→「安心感」

そのとき自分は何を体験するのか質問。


→「そんな心を許せる関係がつくれた自分が好きになる」

 

いろんな外見の好みは出ましたが、彼女が得たいのは安心感。

 

 

本当の理想をオーダーしよう

f:id:acco-chan-president:20180907170759j:plain

子供2人を育てているママさん、友人のまこちゃんから教えていただいた言葉。

「自分の理想と、感じたい感情をきちんと言葉でオーダーしよう」


本当はカレーライスが食べたいのに、「ルーがかかっているご飯」を注文すると、カレーに似てるハヤシライスがくる。

 

それは、本当は理想のものが手に入らないのではないか、という不安があるから曖昧にしているのです。


なので、「理想の男性と出会いたい」と言いながら、

心の中では、

「振られて傷つきたくない」

「悲しい気持ちを感じたくない」

気持ちから、中途半端なオーダーをしているので、

出会う男性は、

「いい感じなんだけど理想ではない」

「理想なのに好かれない」

 

理想の男性と出会わないから傷くこともない。


きちんとオーダーしていたものが届いてました。

 

恋愛を通して本来の自分を取り戻す


恋愛って自分の気持ちが丸裸になります。

とっても恥ずかしいぐらいに自分と向き合います。

 

でも、そうやって本当の自分の気持ちを知り、経験から学ぶから成長するんですよね。

自分を成長する楽しみ方がわかると、どんな恋愛も試練もワクワクものです。


恋愛だけじゃなく、仕事も人間関係も、理想を描き、それを実現することができます。

 

本当に望んでいるものは何ですか?

恋愛を通じて、本来の自分を知りましょう。


まこちゃんいつもありがとう。
いつもありがとうございます。