男性の嗅覚はあなたの「心の穴」に敏感

いつも絶妙なタイミングで連絡をする男性のセンサー


f:id:acco-chan-president:20190516165022j:image


都合がいい遊びのお誘いがくるあなたへ


早坂亜希子です。

普段は連絡がないのに、急に男性からお誘いがくることってありますよね。

しかもすごいのが、

わたしの気持ち知ってるの?っていうぐらい絶妙なタイミングで連絡がくるのです。


・一人で『寂しいな』『誰かに甘えたい』と思っているとき。

・彼氏とうまくいってないとき。

・仕事で失敗したとき。



この凄まじい男性のセンサーは、女性にモテている男性や遊ぶことに慣れている男性ほど嗅覚が鋭い。

そういった寂しい女性の気持ちに敏感だから、しっかりチャンスを掴んでいくのでしょうね。

男性の嗅覚は、距離はまったく関係なく、スーパー本能で反応しているように思います。

だから、そういう連絡が同じタイミングで複数人から来ることもありました(笑)。

 

 

心の穴を埋めてほしい。。はネガティブループの始まり


f:id:acco-chan-president:20190516170904j:image

勘違いしてはいけないのが、決してモテてるわけではなく、都合がいいだけかも


友達が多い人も、彼氏がいても、仕事がうまくいっていなかったり、失敗したりすると、不足感や寂しさ、孤独を感じることがあります。

 

このように心の穴が空いてるときは、誰でもいいから埋めてほしいと思いがち。

 

もちろん、『あの人のことを考えていたら連絡が来た』というシンクロニシティもあります。

 

『こいつ、女慣れしてて遊んでるな』という男性からナイスなタイミングで連絡がくるような時には、一旦考えましょう。

 

わたしは誰かに心の穴を埋めてほしいのか。この人といることで心が満たされるのか。

 

一瞬の快楽や、偽りの愛情は、満たされるどころか余計にネガティブになります。

 

セックスは特にエネルギーの交換。

愛が溢れるセックスと執着してる人のセックスは幸せ度が違います。

 

自分を大切にしましょう。


いつもありがとうございます。

素敵な関係が続くコミュニケーション

パートナーの自己重要感をより上げるために


f:id:acco-chan-president:20190510133345j:image
早坂亜希子です。

 

人は誰しも『自分は大切な存在であると受け入れられたい』という欲求、「自己重要感」があります。

男性の自己重要感を高める女性はモテるお話をしました。

あなたと一緒にいて、自分が大切にされていると感じ、仕事に対して意欲的になり、より自信がついていく。

そんな成長している自分にとって、大切な存在のあなたなら離したくないと感じるでしょう。

そして、あなたのことを大切な存在だという愛情表現もよりオープンに分かりやすくなるので、あなた自身も愛されている実感を増して幸せですね。

 

 

 

誉めるポイント・してほしいポイントは『具体的に』


f:id:acco-chan-president:20190510133558j:image

相手の心を鷲掴みにしている上級レベルは、

ただ「イケメンだね」「カッコいいね」「素敵です」と褒めるだけではありません。

  せ 『センスいいね』

どういう部分がイケてるのか、素敵なのかを具体的に相手に伝えています。

だから相手も自分のどんな所が素敵だと思われているか具体的に理解できるので、自信がつくし、自分の強みだと受け入れ、より魅力的になろうと努めます。

 

たとえば、「かっこいい」だけだと、他にもかっこいい人はいるので、もかっこ良ければ自分でなくてもいいのでは?となります。

 

「どんなときでも優しく対応するあなたがかっこいい」だと、『俺の優しさは彼女を虜にしている』と自信がつきます。

 

さらに、自分がしてほしいリクエストも具体的に伝えましょう。男性は好きな人のリクエストに応えたいので、具体的なほうが頑張ります。

 

「何となく空気で察してよ」というリクエストは伝わりません。

 

モテる人は具体的でわかりやすく相手を褒め、具体的でわかりやすくリクエストをして頼る。

 

気になる男性はもちろん仕事のパートナーにも実践して、あげまんになりましょう。

 

 

いつもありがとうございます。

モテる人は自然とやってるコミュニケーション

コミュニケーションの基本は相手の自己重要感を上げること


f:id:acco-chan-president:20190502142157j:image
早坂亜希子です。

 

男女の関係に限らず、コミュニケーションで大事な要素にリアクションがあります。

 

人は誰しも『自分は大切な存在であると受け入れられたい』という欲求、「自己重要感」があります。

 

そして、特に男性は優位に立ちたいと思っているので、リアクションは「自己重要感」を満たすことが大切。

 

「自己重要感」を高めると、免疫系などにも影響を及ぼすので、こころとからだにいいんです。

 

 

男性が褒められると嬉しいリアクション『さしすせその法則』

 

あなたと話していて、男性が受け入れられてると感じ、やる気になるということは、あなたと一緒にいると心地よくなります。

 

だから、男性の自己重要感を高める女性はモテる。

 

一般的に紹介されている、リアクションの『さしすせその法則』です。

 

さ 『さすが!』

し 『知らなかった!』

す 『すごい』『素敵』

せ 『センスいいね』

そ 『そうなんだね』『尊敬します』

 

単純にスキルとして使うと、あまりコミュニケーションがお上手じゃないキャバ譲のようになるので、むやみに発するのはやめましょう。

 

心から相手を知りたい、または尊敬している気持ちをもって会話してみてください。

 

次回は、素敵なパートナーシップのためのコミュニケーションを紹介します。

 

いつもありがとうございます。

自分を安売りして価値を下げていませんか?

都合のいいセックスは、都合のいい女だと安売りしている

f:id:acco-chan-president:20190219235036j:image

早坂亜希子です。

もともと感性が豊かで、相手のこころの変化に敏感なわたしですが、最近は特に第六感(シックスセンス)が研ぎ澄まされてる気がします(笑)。

第六感(シックスセンス)とは、五感を超えてものごとの本質を見抜く力。

第六感を感じる場所は、眉間の上にあるといわれている。
(漫画ワンピース サンジの婚約者のプリンの三つ目の場所)

開眼し、第三の目で見えるようになると、直感力だけでなく想像力がより高まる。

第三の目は第6チャクラの場所になり、藍色のオーラ


なので、愛されていないセックスや、自分を下げているセックスをしている女性を見ると、気づいてしまい、気になるんです。

 

嘘ついててもわかります。

つい最近も、後輩の顔にそんな相が出ていたので、『安売りするのはやめなさいよ』と伝えました。

 

 

寂しいから誰でもいいって、本当に幸せ?そうやって自分の価値を下げていませんか?


f:id:acco-chan-president:20190418144514j:image
孤独感でさみしかったり、仕事で失敗をして凹んでいるとき、人間関係がうまくいっていないとき。

 

自分の価値を認識したくて、男性から女性として求められてることで心を安定させようとする女性。

 

そんなとき確認したいのが、

そのお相手の男性、素敵な人ですか??

もしそうじゃなければ、どうでもいい男性から求められることで安心しようとしている自分は、かなり自分を安売りしていませんか?


「食べられるならなんでもいいや」と、たまたま目の前にある食事をして、自分はこの程度の食事にふさわしい人だと価値を下げていますよ。

ジャンキーな食事ばかりしていると、栄養不足や気分のムラ、体臭も変わるし、万年体調不良になるように、どうでもいい男性と都合のいいセックスばかりしていると、幸せ不足や気持ちのムラ、幸薄そうなニオイがして影を感じます。

お化粧や洋服では隠せないオーラは、いい男が近寄ってこない。



男性から聞いた男のホンネ

 

若い時にかなりやんちゃをしていた男性が教えてくれました。

『ただのセフレは、とにかく誰でもいい。(ある程度の条件はあるけど)
でも、価値がある女性は友達に紹介したいし、普通にご飯を食べに行くし、大事にしたい。』

わたしも同感です。

ただのセックスだけの関係ではなく、素敵な男性とスキンシップを楽しみたいもの。


特に女性はセックスする場合、体のリスクがあるので、特に自分のことを大事にして、大事な人との時間を過ごしたいものです。

頭ではわかっているものの、うまくいっていないときは判断がブレがち。

もう一度いいますね。

都合のいいセックスをすることで自分を認められたいという不幸せエネルギーは、いい男が離れます。

自分を大事にしましょう。

 

いつもありがとうございます。

尽くしすぎる女性はすぐ飽きられる

好きになると全力であげちゃう女子


f:id:acco-chan-president:20190415164218j:image

早坂亜希子です。

好きな人に尽くし過ぎる人へ

好きになると、全力で与えて、育みたいと思っている女性は尽くします。

こんなに尽くして尽くしてるのに、相手からの愛が返ってこなくなったことがありませんか?

そのときの失望は大きく、次の恋愛にもかなり引きずるんですよね。

『与えたら返ってくるんじゃないの??なのに、なんで返ってこないの?』

となっている女性がやっている女性は、尽くし方が間違っているのです。

尽くしちゃう人は、自分のすべてを一気にあげちゃってます。

相手が要るのか要らないのかもわからないのに全部あげちゃうので、お腹いっぱい胸いっぱいになる。

食べたいものを提供したら喜ばれるけど、食べたいものも食べたくないものも一度に提供されたら、一瞬嬉しいけど、すぐ飽きます。

 

相手がいらないものまであげなくていい、そして、わたしは何がしてほしいのかを伝えること


f:id:acco-chan-president:20190415164439j:image
男性は好きな女性に喜んでもらいたい生きもの。

男性はいつでもヒーローになりたい。

そして甘えたいときに甘えたい。

だから対等な関係って大切なんです。

本当は、男性があなたにやってあげたいことも、あなたがすべてやってしまったら、『俺がいなくてもいいのかな』と自信をなくすか、甘やかしてダメな男性になるかもしれません。

 

わたしはこんなことが出来る。
あなたは何をして欲しいのか。

わたしはこれをして欲しい。

 

お互いに愛情を注いで、お互いに育んでいきたいなら、『わたしは』何がして欲しいのかをアピールしましょう。

本当の幸せは、相手が喜ぶために尽くす前に、あなたが思いっきり愛情を受け取って、幸せな笑顔を好きな人に見せることから。

それが出来ない相手なら、失望する前に別れましょう。


株式会社ALOHA BOATの人材ブログも参考にしてください。

幸せ女子は見返りを求めない!? - 自分磨きをして人生に益々輝きを!アロハボート人材ブログ



いつもありがとうございます。